ファイルメーカーを利用したEC2

ファイルメーカーはネットワークを経由したサーバーアクセスのためのソフトウェアです。

EC2として利用している企業も少なくありません。

ファイルメーカーEC2との上手な付き合い方をお知らせします。

もちろん、個人レベルでの使用ではありませんから、信頼性については確実に保証されています。


本来EC2を活用する目的は自社でサーバーを管理する手間を省くためです。

ファイルメーカーはそのクラウド上で動作するシステムとなります。

実際に利用しているスタッフはそのことを意識しているわけではありませんから、EC2やファイルメーカーのメリットは管理業務部門が理解していればいいのでしょう。


インターネットアクセスが当たり前の時代となりましたから、自社サーバーをクラウド化することも必然的な流れと言えます。



実際のサービスはいろいろな企業が提供しています。



EC2にも種類があるのです。

ただ、ファイルメーカーを使用することでインターフェースを同じにすることができますから、クラウドサービスを提供する企業が変わったとしても、継続的に利用することができます。

ビジネスにおいて暗転性と継続性は最重要課題です。また、日本国内だけではなく、海外とのデータの受け渡しが日常的に発生しているのであれば、クラウド化は当たり前となっているのです。これからクラウド化を検討するのであれば、ファイルメーカーは有力な選択肢となります。

もちろん、いろいろなシステムを比較検討することが大切でしょう。業務内容に適才システムを選ぶことが大切です。